アートネイチャー

薄毛の毛根をケアすべし

 

何故、薄毛になってしまったのだろう?と、自分の薄毛に対して考えている人も少なく無いでしょう。
抜け毛や薄毛対策として重要なポイントは、毛根のケアと言われています。

 

ここではそんな、薄毛毛根についてご説明していきます。

 

まず薄毛の原因と言われる毛根とは、どこにあるのでしょうか?毛根の位置は頭皮の下部分を言います。
更に毛根は毛母細胞と毛入党と言った部位に分かれています。

 

これらは全て、髪の毛が生えたり伸びたりする機能を担う重要な部分です。
人間の髪の毛は、タンパク質の一種であるケラチンで構成されています。

 

ケラチンは薄毛などを発生させないために必要で、毛根や髪の健康に必要不可欠です。

 

もしも毛根のダメージや薄毛など起きているならば、ケラチンを生成するのに必要なアミノ酸を含んだシャンプーを使うのが良いでしょう。

 

薄毛になってしまう人は、自分の毛根状態をクリニックで診てもらう事をお勧めします。

 

毛根には毛乳頭と言われる部分があり、頭皮の内部にある毛細血管を通って、栄養分を供給しています。

 

栄養が送られてくることで、毛根内部の毛母細胞が細胞分裂を繰り返して、新陳代謝を発生させることで髪が生成されるのです。

 

髪が抜けても生えかわり、成長していく仕組みになっています。
この仕組みが上手く行えれば、毛根によって薄毛や抜け毛が発生するのを防ぐことが出来ます。

 

逆に上手く機能せずに毛根に脂が溜まったりすると、毛根に悪影響を起こして薄毛になる可能性が高くなります。

 

重要なのは毛根を活性化させることなのです。